鉄文字表札シリーズ Fika “メリ"

鉄文字表札シリーズ Fika “クッカ"

鉄文字表札シリーズ Fika “アミ"

3月、4月はご注文が大変混み合います。
ご注文はお早めに!!


「ナチュラル」「ベーシック」「シンプル」がいい!


 「あっ!すてきなカフェ!」 「オシャレな雑貨屋さん!」
  街で目に止まるそんなステキなショップやカフェ。
  「うちが、あんなカフェような雰囲気だったら…」そう思った事はありませんか?
  そんな素敵なショップやカフェの外観で雰囲気を作る大事なモノって何だと思います?
  それは… 『看板』 です。
  想い出してみてください。そんな素敵なカフェには必ず素敵な看板があります。

  それを我が家に置き換えてみましょう。
  家のサインといえば『表札』
  表札は今や自分の家の所在を示すだけのモノではなくなってきました。
  表札を見ると、そのうちのライフスタイルや、こだわりまで見えてくるから不思議です。

  数多くのショップやカフェのアイアン看板を手がけて来た「じんぱち」ならではの、
  シンプルでベーシック、でも、ハンドメイドのあたたかさがある、
  こだわりのある本物のサインそれが、『鉄文字表札』です。

   友達が遊びに来た時。きっとこんなセリフが聞けますよ。
  「ステキ!カフェみたいね。」
  あなたのシンプルライフは『鉄文字表札』から始まります。

  鉄文字表札シリーズ『Fika』(フィーカ)では、人気の高いフォント3種類を厳選。
  サイズは 縦「30mm」「40mm」「50mm」の3種類からお選びいただけます。

  それでも「ちょっとうちは更にこだわりたい。」
  というお客様にはフルオーダーというチョイスも…。
  フルオーダーであれば、フォントもサイズも自由に選ぶことが出来ます。
  みなさんのライフスタイルや好みに合わせて、ぜひ愉しみながら選んでみてください。


鉄文字表札の特徴
・鉄の特性であるハード&シャープさを大切にしながらも、手作りの温かい雰囲気が感じられます
・4.5㎜の鉄板をレーザーカットしてハンマーで叩いているので、シャープさの中にもやわらかな
風合いが感じられます
・ハンマーで叩いたナチュラルな風合いのある表面を、つや消しクリア塗装にて封じ込めました
・シンプルな風合いなので、どんな素材ともよく合います

鉄文字表札シリーズ仕様比較


Fika(セミオーダー)

フルオーダー

文字種

アルファベット(大文字)

ルファベット、数字、記号
ひらがな、カタカナ、漢字

フォント

3種類(メリ、クッカ、アミ)

ご自由にお選びいただけます

サイズ

縦 30mm,40mm,50mm

ご自由にお選びいただけます

塗装

つや消しクリア

ご自由にお選びいただけます

叩き加工

有り

有り/無し

価格(1文字)

¥6,000(税抜)
6文字以上は¥5,500(税抜) 
¥7,000〜(税抜)

送料

無料  無料

フルオーダーに関してはこちらをご覧ください。


鉄文字シリーズ『Fika』(セミオーダー)

フォントサンプル

鉄文字表札シリーズ『Fika』(フィーカ)は、人気の高い3つのフォントからお選びいただけます。
フォントを右にまとめましたので、どのような雰囲気の表札がいいか参考になさってください。

選ぶフォントによって玄関周りの雰囲気も変わりますよ。
プリントアウトして実際の大きさを確かめてみるのもおすすめです。

鉄文字表札シリーズ Fika "メリ"

鉄文字表札シリーズ Fika "メリ"

鉄文字表札シリーズ Fika "クッカ"

鉄文字表札シリーズ Fika "アミ"

鉄文字表札シリーズ Fika "アミ"

Price
アルファベット一文字  ¥6,000 (税抜)
(大文字のみ)

3種類のフォントからお選びいただけます。
  サイズは 縦30mm, 40mm, 50mm

  6文字以上のご注文は一文字¥5,500(税抜)に
割引いたします



発注からお届けまでの流れ

①お好きなフォントやサイズをお決めください


②デザイン、お見積もりをお出しします

③ご注文いただける場合は、
 先に銀行振込かクレジット決済にてご入金をお願いします


④ご入金確認後、制作に入ります
(制作期間はおおむね1ヶ月程度。
  多少前後することがございます。)


⑤完成後、お客様にお届けします

⑥商品をご確認いただき、お客様にてお取付けいただきます
(取付け用の型紙を一緒に送付します)
 なお、こちらでのお取り付けをご希望される方は、
 別途お見積いたします。
  <取り付け手順>(参考)
   1. 取り付けたい位置に型紙を貼る
   2. 型紙の◯印にドリルで穴を開ける
   3. すべての穴を開け終わったら型紙をはずす
   4. 本体に付いているピンに接着剤を付けて穴に差し込む
出幅はお好みで調整(通常20㍉ぐらい浮かします)
   5. はみ出た接着剤を処理して完成
     (注)あくまで参考です。
        現場にあった方法で取付けてください。

⑦完了